こんにちは✨

GWも終わり世の中はいつも通りに動き始めています❣️

今日は多くの女性が抱える〝月経痛〟についてお話したいとおもいます。

女性は赤ちゃんを授かるためにも約28日に1回月経がありますね。女性の周期には卵胞ホルモンと黄体ホルモンが影響しており、特に黄体ホルモンの作用によって分泌されるプロスタグランジンが痛みの原因となります。他にも器質的(子宮筋腫や子宮内膜症など)な原因もあるので出血量が多い、痛みが酷い場合は婦人科で見てもらいましょう🌸

月経痛が酷く鎮痛剤が必要、または仕事ができないほどの痛みは「月経困難症」といってよいでしょう。

治療法としては,,,🦄

鎮痛剤:処方薬ではロキソニン、カロナール、ボルタレンなどがあります。市販薬としても鎮痛剤は購入できるのでお近くの薬局で相談するとよいでしょう。痛みは我慢せず鎮痛薬を上手に活用しましょう✨

漢方:代表的な漢方は当帰芍薬散や桂枝茯苓丸があります。当帰芍薬散は色が白く痩せ型で和風美人のような方につかわれます。桂枝茯苓丸は体力があり比較的体型がしっかりした方につかわれます。両剤とも瘀血をとり血液循環をよくするので女性の代表的な漢方といわれます。

LEP(低容量ピル):低容量ピルは経口避妊薬以外にも月経困難症に使用されます。ルナベル配合錠、ヤーズ配合錠、ヤーズフレックス配合錠などがあります。黄体ホルモンの分泌を抑える事で排卵をストップさせ月経痛を抑えます。副作用は内服し始めに吐き気や頭痛などがあり、特に血栓症には注意が必要です⚠️

生活上の工夫,,,🦄

適度な運動や食生活は未来の自分を作る要素ですので心がけましょう。医師や薬剤師はみなさんの健康をサポートを出来ますが一番は本人が自分の体をよく知る事が大切です😊

ユーアイ薬局 新大久保店は女性薬剤師が多いのでお気軽にご相談ください💖

新大久保店 永島