こんにちは、新大久保店です🙋

寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか☃️

 

今回はご自宅での冬の入浴法についてお話しします✨

 

お風呂

 

【ヒートショックについて】

室内の急激な温度変化により血圧が大きく変動(急上昇・急降下)する現象のことです。

体にはとても大きな負担がかかります😣

 

特に冬場の脱衣所や浴室は凍えるような寒さになりますね・・・

そして体を早く温めなくては、とお風呂の温度を高めに設定してしまいがちではないでしょうか❓

 

暖かい室内で血圧が安定している状態から→寒い脱衣所で血管が縮み血圧が上昇→寒い浴室でさらに血圧が上昇→熱い湯に浸かり血管が広がることで血圧が急降下・・・

 

このような血圧が安定しない状態はふらつきや失神、重症な場合は心筋梗塞や脳梗塞による入浴中の事故につながる可能性があります。

特に高齢者の方は注意が必要ですが、若い方でも起こりうる事故となり大変危険です。

 

【ヒートショックの予防策として】

①入浴前に脱衣所と浴室を温める。

脱衣所はヒーターなどで事前に温めておく。浴室は早めに浴槽に湯を張り、浴室内全体に温かい蒸気を上げておく。

 

②入浴前後に水分補給をする。

水分を摂らずに入浴し汗をかくと血液がドロドロになり、ヒートショックが起こる可能性が高くなります。水分補給をしっかり行いましょう。

 

③38〜40℃前後のぬるめの湯に10〜20分ほど浸かる。

入浴剤を使用することで湯が冷めにくくさらにリラックス効果も得られます。

 

種類によって様々な効能効果がありますので、お好みによって毎日使い分けるのも良いかもしれません😊

ご自身に合ったものをぜひ探してみてくださいね👯

 

また、冬といえば温泉ですね❄️

 

さっそく露天風呂に入りたくなるところではありますが、まずはかけ湯を10〜20回ほど行い、体を温泉成分に慣れさせます。

その後、内湯でしっかりと体を温めてから露天風呂へ入りましょう。

 

ちなみに私の冬おすすめの温泉地は、世界で唯一、温泉に入る野生のニホンザルを見ることができる長野県の温泉地です😉♨️

落ち着いた温泉街で、宿泊者は九つの外湯めぐりが楽しめます❗️

源泉が熱めなので、外湯一箇所あたり3〜5分程度の入浴でも十分あたたまります☺️

ニホンザルの入浴は寒い時期しか見ることのできない光景になりますので、コロナが落ち着いた頃にぜひ訪問してみてください🙊⭐️

 

まだまだ冷え込む日が続きますので、体調管理には十分気をつけてお過ごしくださいませ🌼

 

 

新大久保店 高見澤