皆さん、薬局でもらったお薬、お困りごとなく飲めていますか?

お薬には錠剤やカプセルなどの飲み薬や、坐剤、貼り薬、吸入薬などさまざまな種類のものがあります。

例えば、錠剤ひとつとっても大小さまざまなものがありますね。

処方箋をもらって実際に薬局でお薬を出されて、びっくりされることもあると思います。

まだまだ大きな錠剤もあります

「こんなに大きなお薬飲めるかな?」

「こんなにたくさん飲むの?」

お薬は、薬の性質上、自己判断でしてはいけないことがあります。

「大きいから噛み砕いて、もしくは半分にして飲む」

これはお薬によっては「×」です!

錠剤によっては、しっかり適所で効果が表われるようにコーティングされているものや、噛み砕くことでお薬が水分を吸い膨張してしまい、危険なものになる場合があります。

性質から、薬の粉砕の可否を判断し、粉薬にする、お薬を半分にする、小さい錠剤に変更するなど、飲みやすくするために、薬局でご提案できることが沢山あります。

種類が多くて混乱される場合には、朝昼夕、飲み方に合わせてパックしてお渡しすることもできます。

いろいろなアイデアで皆さんがお薬を困ることなく服用、使用できるようにお役に立てればと思います。お気軽にご相談ください。

新大久保店 長澤